にまめの歯ぎしり
感じたこと、考えたこと、気になったことなどなど、いろいろ書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ビキニ環礁から福島・日本
 1954年3月1日、中部太平洋にあるビキニ環礁でアメリカが水爆実験を行い、近くで操業していたマグロ漁船第五福竜丸の乗組員23人が被曝した事件は、日本の反核運動の出発点にもなりました。半年後に一人が死亡、残った乗組員の多くは早くに亡くなる人も多かったといいます。再就職や結婚へも影響を投げかけただけでなく、水産加工の町焼津に戻った原爆マグロ船はいわば厄介者扱いされ、世間からの意識的・無意識的な無視にもさらされるなど、社会的にも苦難の連続ということでした。
 ビキニ事件で被曝した船がもっとたくさんあったという事実を知ったのは昨年のことです。愛媛県の南海放送がおよそ8年にもわたる取材によって、闇に葬られた真実を明らかにし、その記録は「放射線を浴びたX年後」という素晴らしいテレビ番組になりました。映画化もされています。3.11フクシマへの警鐘としてだけでなく、国家とは何なのか、それを確認するためにも見てほしいと思います。
 
スポンサーサイト
【2013/03/09 05:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<富は海水に似ている。 | ホーム | 小林多喜二『テガミ』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaoruima.blog38.fc2.com/tb.php/90-226caa16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

にまめ

Author:にまめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。