にまめの歯ぎしり
感じたこと、考えたこと、気になったことなどなど、いろいろ書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「井上ひさし生誕77フェスティバル2012」
 いろいろありました(3)井上戯曲
  井上ひさしさんは2010年4月9日に亡くなりました。ご存命であれば2011年11月16日に77歳・喜寿を迎えていました。実際、生前に2012年の喜寿フェスティバルが計画されていたそうで、内容は若干変更されたものの「生誕77年フェスティバル2012」と題し、2012年1月から12月まで8作品が4人の演出家によって上演されることになりました。
  一月:十一ぴきのネコ(長塚圭史)二月:雪やこんこん鵜山仁)四月:闇に咲く花(栗山民也)六月:藪原検校(栗山民也)七月:しみじみ日本・乃木大将(蜷川幸雄)八月:芭蕉通夜舟(鵜山仁)十一月:日の浦姫物語(蜷川幸雄)十二月:組曲虐殺(栗山民也)
  私は幸運にもすべての作品を観劇することができたのです。
   
  さて、11月に見たのが7番目の「日の浦姫物語」。大竹しのぶと藤原竜也が近親相姦の兄妹、母子を好演しました。特に大竹しのぶは15歳の少女から老婆(と言っても50代の役ですが)まで、しぐさや表情で演じ分けてみせたのは圧巻です。ギリシャ悲劇のような重いテーマですが、そこは井上ひさし。言葉遊びなどの科白で悲劇を喜劇に転換しながら、最後には鋭く重い問いかけで終わります。蜷川演出は、「しみじみ日本・乃木大将」の時はふざけや過剰さが私には合いませんでしたが、今回はうまくはまっていて見事だったと思いました。

  そして12月は、この企画の最後を飾るにふさわしい「組曲虐殺」。小林多喜二が虐殺される直前の3年弱を描いたこの音楽付き劇(ミュージカルではなくプレイウィズミュージック)は期待を裏切らず、笑って泣けて感動しました。観終わった後も思い出すと涙が出そうになります。感激と悲しみと痛みと、「むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく ふかいことをゆかいに ゆかいなことをまじめに」表現した作品でした。なお、天王洲銀河劇場での公演は12月30日で終了しますが、年明け1月から福岡、金沢、大阪、新潟、市川、広島、そして2月の名古屋と続くそうです。

そうそう、井上さんのこの座右の銘にはもっと続きがあるそうです(井上麻矢さんのブログから)。

『ゆれる自戒』

むずかしいことをやさしく
やさしいことをふかく
ふかいことをゆかいに
ゆかいなことをまじめに
まじめなことをだらしなく
だらしないことをまっすぐに
まっすぐなことをひかえめに
ひかえめなことをわくわくと
わくわくすることをさりげなく
さりげないことをはっきりと 書くこと
スポンサーサイト
【2012/12/26 21:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ベアテさんの訃報 | ホーム | 衆議院選挙>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaoruima.blog38.fc2.com/tb.php/80-1c9305be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

にまめ

Author:にまめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。