にまめの歯ぎしり
感じたこと、考えたこと、気になったことなどなど、いろいろ書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
プラハとウィーン(その2)
  プラハで3泊、ウィーンで3泊した夏休み。どちらの街も公共交通網が安くて便利なことは感動的です。
  東西南北に延びている地下鉄が基幹交通で、数カ所の駅で乗り換えできます。ほとんどの地下鉄駅から乗り継ぎ可能で、縦横無尽に何本も走っているのがトラム(&バス)です。中心部は複数の路線が重複して走っていて、途中からいろいろな方向へ分かれていくようになっています。乗り継ぎ・乗り換えを繰りかえしていけばタクシーを使う必要はまったく感じません。
  トラムは降りる人か乗る人がいるところだけしか停まりませんので、日本のバスと同じです。地下鉄もトラム(バス)も、降りる人・乗る人が自分でドアを開けることになっているのは、ちょっと慣れるまで戸惑いました。
  興味深い(というより感激する)のは料金体系です。地下鉄に改札機はありません。トラム&バスにも切符投入口はありません。時間刻印器(という名前かどうかは不明)があるだけです。切符は区間券はなく(1回券はあります)、いろいろな種類の時間または日数券になっています(月間定期券もあるようです)。
乗客は最初に乗車する時に、地下鉄は改札口、トラム(バス)は車内で、その機械にチケットを入れて時間を記載します。つまり基本的に切符の有無は自己申告になっているのです。検札は時々行われています。私が検札の人を見かけたのはプラハで1回、ウィーンで2回でした。どちらも私のところまでは来ません。やはり人を見ているらしい・・・(笑)不正乗車していたら罰金を払うことになります。罰金の額は忘れましたが、法外ではなかった記憶があります。また市民か外の人かで金額も違っているらしいです。
  改札機や料金システムや電子切符などに高いお金をかけるのと、ただ乗りの不正乗車のリスクとどちらが果たして経済的でしょうか・・・・。なによりも、人々の信頼に基づくシステムというのが気持ちよいと思いませんか?
  なお乗車料金ですが、プラハの3日券で310KC(1,200円程度)、物価がやや高めのウィーンではその金額だと48時間券くらいでした。このチケットがあれば地下鉄、トラム、バスとにかく乗り放題です。
  残念だったのは、プラハでは地下鉄整備の影響だと思われるトラム路線の廃止・組み換えが数本あったこと。トラムは観光客にとっても楽しみが大きいのでこれ以上、廃止しないことを願っています。
またトラムは、地下鉄よりも足への負担が少ないという良い面があります。今回、私は旅行中に足を痛めてしまったので遠回りしても地下鉄ではなくトラムを利用しました。まさに体験として実感です。
  最後にひとつ。プラハからの列車がウィーンへ入ったあたりで、たくさんの風車が見えました。集落があると風車と送電線、畑、また集落があると風車と送電線。その繰り返しはウィーン市内に入るまで何度か続きました。私は知りませんでしたが、オーストリアは再生可能エネルギーの地産地消の国だったようです。
 

 
スポンサーサイト
【2012/08/28 22:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) |
<<福島県庁の食堂には、「県外産の食材を使っています」と書いてある!と話題 | ホーム | プラハとウィーン(その1)>>
コメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
【2012/10/21 04:53】 URL | 株の売買 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaoruima.blog38.fc2.com/tb.php/70-9ff9bd34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

にまめ

Author:にまめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。