にまめの歯ぎしり
感じたこと、考えたこと、気になったことなどなど、いろいろ書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
除染安全宣言の半世紀後に基準値千倍のセシウム
 今日の北海道新聞に原発のことで気になるニュースがありました。(2012年3月9日)

   1959年に燃料溶融解事故を起こしたロサンゼルス近郊にある「サンタスザーナ野外研究所」の跡地の土壌から、米環境保護局(EPA)が基準とする濃度の1000倍近い放射性セシウムが検出されていたことが分かったそうです。土壌1㎏あたり約7300ベクレル。
   付近は事故後に除染作業が行われ、米エネルギー省が農地利用・居住可能と表明していたのですが、長年健康不安を訴えていた周辺住民の強い要請で、EPAが詳しい調査をして判明しました。事故は半世紀前のこと。除染もされ、ある種の安全宣言もされています。
   ところで、7300の1000分の1は7ベクレル。日本では、東京電力福島第1原発事故後、水田の土壌1㎏あたり5000ベクレルを超えるセシウムが検出された場合、コメの作付けを制限しています。つまり、5000ベクレル未満なら制限されないということです。

   
スポンサーサイト
【2012/03/09 21:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<震災と原発事故を一緒にしないで | ホーム | Y新聞(2012.3.7社説)への驚き>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaoruima.blog38.fc2.com/tb.php/57-fab1ad5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

にまめ

Author:にまめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。