にまめの歯ぎしり
感じたこと、考えたこと、気になったことなどなど、いろいろ書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
海をこれ以上汚さないで!
 福島第1原発の汚染水処理施設から汚染水がもれ、1年間で許される放射能の12%が1日で流れてしまったそうです。それなのに、人体へ影響が「ほとんどない」と東電?発表を垂れ流す読売新聞は、本当にジャーナリズムなのかな?
 一方、TBSニュースによれば、高濃度のストロンチウムが含まれているそうです。読売新聞はそのことにも触れていない。
 NHKは一応、ストロンチウムのことについて触れ~「半減期」が29年、カルシウムと性質が似ているため体内に取り込むと骨に蓄積し、長期間にわたって放射線を出し続けると指摘されている~と説明してくれています。それにしても~東京電力は「環境への影響はほとんどないと考えられるが、改めておわびしたい」と話しています~とNHKは報じていますが、ごめんで済むなら警察は要らない!

読売新聞(2011年12月5日)
東京電力は6日、福島第1原発の蒸発濃縮装置建屋から漏れた汚染水約150リットルが、海に流出していたと発表した。全放射能量は約260億ベクレルと推定している。
 東電によると、今回流出した汚染水の放射能量は、同原発の平常時の年間放出管理目標値の12%に相当する。海水で希釈されるため、放水口近くの魚や海藻を毎日食べ続けた場合の被ばく量は年間0.0037ミリシーベルトで、人体への影響はほとんどないという。

TBSニュース(2011年12月4日23:20)
 福島第一原発の高濃度の汚染水を処理する施設で4日、少なくとも45トンの汚染水が漏れていたと東京電力が発表しました。水には高濃度のストロンチウムが含まれていて、土壌や海に流出した可能性もあるということです。
 東京電力によりますと、水漏れがあったのは汚染水を処理して真水を作る「蒸発濃縮装置」で、4日午前11時ごろ、装置がある建物の中に少なくとも45トンの汚染水が漏れているのを確認したということです。さらに、建物にはひび割れが見つかり、汚染水が土壌や海に流出している可能性もあるということです。
 東京電力が水の表面の放射線量を測定したところ、ストロンチウムから出るベータ線が毎時110ミリシーベルト、外部被ばくの危険が高いガンマ線が毎時1.8ミリシーベルトあることがわかりました。ストロンチウムは海洋生物に蓄積しやすいとされていて、汚染水が海に漏れていた場合、周辺の海洋への影響が懸念されます。

NHKニュース(2001年12月6日 19時35分)
 東京電力福島第一原子力発電所の汚染水の処理施設で水漏れが見つかった問題で、東京電力は放射性ストロンチウムを含む汚染水およそ150リットルが海に流出したとみられると発表しました。東京電力は「環境への影響はほとんどないと考えられるが、改めておわびしたい」と話しています。
 福島第一原発では、汚染水から放射性物質を取り除いたあとに塩分を除去する装置から4日、大量の汚染水が施設の中に漏れ出し、建物の土台のひび割れから一部が外に流れ出たのが見つかりました。東京電力が、施設の近くにある海につながる排水路の水を調べたところ、放射性ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が海まで流出した痕跡が確認できたということです。流れ出た量は水漏れが続いた時間などの分析から150リットルとみられています。この水に含まれる放射性物質は、処理装置によってセシウムは減っていますが、ストロンチウムは高濃度だということで、海に流出した放射能の量は全体で260億ベクレルと推定されています。放射性ストロンチウムは、放射線の量が半分になる期間、「半減期」が29年のストロンチウム90などがあり、カルシウムと性質が似ているため体内に取り込むと骨に蓄積し、長期間にわたって放射線を出し続けると指摘されています。東京電力は「流出した量から環境への影響はほとんどないと考えられるが、地元をはじめ社会の皆さんに迷惑をかけていることについて改めておわびしたい」と話しています。

スポンサーサイト
【2011/12/06 21:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<セクハラ大使はどうして免職にならない | ホーム | 原子力安全基盤機構・・・やっぱりあなたもね>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaoruima.blog38.fc2.com/tb.php/49-f1fb80e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

にまめ

Author:にまめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。