にまめの歯ぎしり
感じたこと、考えたこと、気になったことなどなど、いろいろ書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
品川正治さん講演「21世紀の世界と日本の座標軸」
今日、経営者の憲法を守る「グリーン九条の会」主催の品川正治さんの後援会へ参加しました。
150人も集まったそうですが、感動的で説得力あるお話しでした。

前半は、ご自身が憲法、特に9条と出会った時の感激・感動が今の自分の行動の原点であるというところのお話でした。
国民が歓呼して受け入れた憲法も、それまでの権力者には押し付けに思えた(本当にそうです)。
国民と権力者の乖離が60年続き、そのことが解釈改憲、自衛隊、ソマリアへとつながった。憲法(9条)は今やぼろぼろになってはいるけれど、だからこそ国権の発動によって人を殺さなかった60年がある。9条は人間としての願い、人間として許されないという人間の目から見た憲法である。
これが実現出来たのは、巨大な軍組織が厚生省の復員局管轄だった幸運によっていて、時期が少し遅れたら無理だったと…。
現実的でない理念だと言われる憲法かもしれないが、60年持ち続けたから「人間」の目の憲法になった。戦争をするのも止めるのも「人間」であると、力を込めて話されました。

日本の憲法が世界で唯一、人間の目から見た憲法なのに、経済は人間の目どころか国家の目でさえ見ていない、的確な比喩のこのご指摘に、会場の人もそうだ!っていう反応で、後半のお話しに移りました。

小泉・竹中路線に代表される、アメリカの資本主義が正統で日本はそれに近づこう、という論理がいかにアメリカの実態を知らない、また知らせない嘘かについて、詳しく説明してくれました。
政治の勘はあっても政策はなく、哲学など面倒という小泉評はまったく同感です。小泉が丸投げして政策を担わせたのは竹中。この人に任せたことは日本の悲劇だという表現に大きく賛同しました。
中でも雇用の規制緩和は日本人を悲惨な状況へ陥れてしまうことになり、修復にはかなりの覚悟がいるという指摘もされていました。

規制改革は結局、大企業のための規制緩和に変質したということです。
世界に冠たる借金国家の原因も企業を助けるためであり、本来ならば昨年の史上最高利益から返してもらうところなのに、企業の要求どおり法人税を下げ、また国民の負担にしてしまった。これを隠すスケープゴートに役人の不祥事が流された。このすり替えは許せない!

成長の利益は資本家のものになるアメリカ型と成長の利益を国民で分けてきた日本型は大きく違う。この日本型修正資本主義を進めてきたのが役人だから、その意趣返しもあってのこと。
なるほど!と思っているうちに最後の話に……

リーマンブラザースの破綻は言葉は悪いが神風である。やっとアメリカの資本主義の実態がわかってきたのだから。
二つ目の神風が日比谷年越し派遣村である。行政、立法、司法の集中した日比谷という場所で貧困の実態をはっきり見せただけでなく、炊き出し援助に大勢集まった。これは、お上の決めた状況に対処するばかりだった国民に、自分達で状況を作れることをはっきり自覚させたから。
世界でたったひとつの9条を持つ日本で、年越し派遣村において9条と25条がドッキングした、と評価されていました。

今の経済不況は長くなる。何故ならアメリカは元に戻れない。アメリカンドリームの実態がわかってしまったし、オバマの政策も方向は違うから。
アメリカ一局支配の次を語るのはまだ早い。日本の苦悩は長く続く。しかし、その中でどうやって国民の負担を少なくするかという政策努力を続けていけば、日本型資本主義が見えてくる。
ところが、短期的な効果を狙う、選挙狙いのせっかちな政策…馬鹿にするにも程がある!(ホントです)

結びは参加者へのお願いでした。
社長と労働者は権力において大きな差がある。しかし、主権者としては同じ1票。「日本はアメリカと違います」と言うだけでアメリカは戦略を変える。世界史は変わる。それができるのは主権者である皆さんだ。主権を発動してもらいたい。


品川さんは素敵な知識人です。戦場で死ぬ前にカントの「実践理性批判」を原書で読んだ話なんてすごい!と思いました。
もっと、いろいろな素晴らしい話をお聞きすることができました。

1924年生まれで間もなく85歳とのことでしたが、かすかな関西言葉のゆっくりした重みのある話し方は本当にこちらが襟を正してしまう真摯な誠実さを感じました。
スポンサーサイト
【2009/06/06 23:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「しかし それだけではない。加藤周一 幽霊と語る」その1 | ホーム | オバマ大統領批判>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaoruima.blog38.fc2.com/tb.php/21-1d5686cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

にまめ

Author:にまめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。