にまめの歯ぎしり
感じたこと、考えたこと、気になったことなどなど、いろいろ書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
教科用図書検定調査審議会
 ずーーっと頭にくることばかりが続き、ブログを書く気にもなりませんでした。でも、後になると思い出せないものもあって、やっぱり書いておくほうがいいんだな・・・と思い直して、書いてみることにします。

 高校歴史教科書の教科書検定において、沖縄「集団自決」を日本軍が強制したという記述が削除されました。これに関する沖縄県あげての抗議などは周知のとおりですが、新任の文科大臣をはじめ政府などは、「検定への政治的介入は問題である」という立場を取り、修正に難色を示しています。だけど、これって修正ではなく、誤りの訂正ではないのですか?!

 そもそもの削除はだれがどうやって決めたの?という疑問がわきHPで調べてみました。
 正式には、教科用図書検定調査審議会といい、どうやら2006年度に「唯一」開催された第1回総会で決まったようです。開催日は2007年3月30日。出席は委員73人と文部科学省から初等中等教育長はじめ幹部数名。議事録によると、各教科の部会長が検定内容を報告し、議論なしで決定されていきます。日本史の検定に関しては次のような報告でした。
     *********************************
 「日本史」では、近・現代史を中心として、南京事件の犠牲者数、沖縄戦の実態などの記述について、現在の学説状況に照らして、修正を求めました。また国旗・国歌問題、イラク戦争などに関しても、事実関係に即した記述への修正を求めました。
     *********************************

 総会出席委員の名前はわかりますが、高校「日本史」に関する部会委員が誰かは分かりませんし、そもそも部会でどんな議論があったかもわかりません。当日の総会資料もHPには公開されていませんでした。
 私などは、検定項目を見るだけで「偏向」を感じてしまうのですがそれは措くとして、政治的介入さえ許さないという公平中立な審議会・部会(と前文科大臣は言っていたぞ!)であれば、どのような学説に基づき、誰がどのような議論をして決めたのか、HPできちんと公開し説明する責任があるはずです。

 ところがさらに最近、こんな報道がありました。
      *********************************
「朝日」と「琉球新報」は審議会での議論について指摘しており、文科省の調査官が削除するようにまとめた意見書が【そのまま審議会を通った。それをもとに文科省が検定意見を決めた】(朝日)、【審議会とは実は名ばかりで、実質的論議はなかったと委員らも認めている】(琉球新報)と書いている。
     *********************************

 2007年10月11日付けの琉球新報は、次のように具体的に報道しています。
     ********************************* 
 同審議会の日本史小委員会委員の「波多野澄雄筑波大教授」は(略、「集団自決」検定での教科書調査官の検定意見についても「違和感があった」と指摘した。(略)
 検定過程では、審議会の下部組織にあたる小委員会が実質審議する。(略)
 日本史小委員会は06年10月、11月の2回、都内のビルで会合を開いた。文科省側は調査官4人を含めて10人程度、大学教授や高校教師ら専門家側は10人程度が出席した。会合では調査官自身が作成した検定意見の原案となる「調査意見書」を読み上げる。
 審議内容について波多野教授は「調査官はもちろん、議論に入ってくる。いろいろなことを意見交換する。全く委員だけで話すことはない」と話し、調査官を交えて議論をすると説明。審議会の位置づけについては「文科省から独立した(第3者的)機関ではない」と明言した。
      *********************************

 官僚のこの手口、どう対抗するばよいのか・・・・

スポンサーサイト
【2007/10/14 17:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<日本国家は国民を守らない? | ホーム | 誰のために学ぶのか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kaoruima.blog38.fc2.com/tb.php/13-3dd57d55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

にまめ

Author:にまめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。