にまめの歯ぎしり
感じたこと、考えたこと、気になったことなどなど、いろいろ書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
仮称にしても、原子力「安全」庁はないでしょう
8月11日の毎日新聞によれば、原子力規制体制を抜本的に見直す新機関「原子力安全庁(仮称)」が、環境省の外局として設置されることが決まったそうである。報道では、環境省には「心情的には反原発の職員が多い」「省内に原子力の専門家はほとんどいない」など戸惑いが広がったとある。

えー!専門家の不在についてはわからなくもないけれど(こういう時こそ、これまで排除されてきた研究者などの助言・協力を得てもらいたいところでありますが)、どうして心情的に反原発の職員がいると駄目なのでしょう?
新機関も、規制ではなく推進機関ということ・・・?

人員面、予算面の点で政府内の立場が強いとはいえず、これまでも他省庁との折衝で妥協を余儀なくされる場面も多かったというような現実があっての戸惑いということもわかりますが、でもね・・・

せめてまず、名称に「安全」をつけるのはやめてくださいね。
原子力規制庁でもいいんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト
【2011/08/12 14:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

にまめ

Author:にまめ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。